県立高校の女教諭が綴る校内外で起きた泣き笑い実録ブログ


by school3-7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ひさしぶり・・・。

9月になって初めて投稿します。
最近月1回?になってます・・・。

今は1年の担任です。
真面目な生徒が多いですね。

授業をやっても反応があまりないので面白くはないです。
しかしっ!!

文句を言っていても仕方がありませんね。
この子たちをここから伸ばそう、引きだそう、と思った私です。


ビジョンに帰れ


と、いうことかな。

・・・まさこ・・・
# by school3-7 | 2014-09-24 17:21 | 日記
毎年恒例のユーガットメールが満員御礼で幕を閉じました。
うれしい。みんなに感謝!です。

K子ちゃんは、チケットを自分で売ることはさることながら、毎日毎日のチケット売り上げ報告を
メールでしてくれました。

Mちゃんは、今年も外部の業者と打ち合わせて、見事な花を会場入り口に並べてくれました。
出演者への花もそれぞれにあったものをそろえてくれました。

この二人は、出演者にプレゼントしているメッセージカードを用意していて、
千秋楽後の打ち上げに渡せるように全てやってくれます。

ホテルマンのKさんは、この日のために休みを取って、会場の動きに全ての責任をとります。

小学校の先生のSさんはとても器用。
今年も明治の学校の様子を再現するために、学校からいすを運び入れ、
鉄の足を「木」に変えるため、テープを探して、まきつけました。
出演者のCDやDVDを販売するときのポップを楽しく作ってくれます。
そういえば、今年は休憩のアナウンスもしていましたよ。

新潟の八百屋Kぶんちゃんは、新鮮なやさい果物をケータリングに差し入れします。
この野菜、スティックにしてマヨネをつけて食べるととってもおいしい!
なんとこのKぶんちゃん、ユーガットを観るのは初めて!!!!

いつも、野菜と果物送って新潟で見守っている。そーんな感じでしたが、
今年は会場に来た!!!
大学時代の友だちもたくさん誘って楽しそうに話している。
その姿をみていて私はうれしくなりました。


そして・・・


なによりもみんなでチケットを最後まで売り続けたこと。
これが今回の最大の成果でした。
一人でも多くの人に観ていただこう、楽しんでいただこう。
その気持ちがみんなを動かしました。


・・・まさこ・・・
# by school3-7 | 2014-08-27 00:30 | 日記

総文祭茨城大会

総文祭茨城大会に出場しました。
教員もさまざまなグループに分かれます。
今年も全国の高校生と出会いました。

今年は、スマホにしたばかりの私。
生徒達とラインでつながりました。

生徒達は「へ~~、先生ラインやってるんですか」
と驚いていました。

二泊三日の日程の中で、長野県と宮崎県から来た高2の男の子はとってもおとなしい。
ほとんど話しません。

今年は口出しはしないようにしていまたが、やっぱり気になって・・・。
「ほら、男子、しゃべんなよ」などと言ってました。

大会も三日目になり、最終日です。
そのころになってようやくお互いに話がはずみ始めました。
そんな様子を見て、うれしい私。

・・・最近に高校生ってこんな感じなのかな・・・。
と思いました。


・・・まさこ・・・
# by school3-7 | 2014-07-31 10:20 | 日記

塾長、頑張った!

師匠が肝臓に転移したがんをとる手術をしました。
術後の経過は順調・・・。
先週は熱が出たりして、心配なこともありました。


一方、そんな私たちを尻目に、師匠は、病院に行くと、
「おい、山の上ホテルでちゃぁするぞっ」と人一倍元気です。

急いで買ったスーパーの桃にも
「うまーーーーい」と喜んで見せてくれます。
聞くと毎日のように友達がお見舞いに来ている。


ソニーの技術者
千葉県庁におつとめのお役人
プロデューサーご夫妻
小学校の先生
広島のテレビ局につとめている友達
新潟からは大きなおいしい桃が届いているし。
そうそう、雑誌の編集をしている友達もいる・・・。


師匠の周りにはいつも人がいる。
その人たちと逢える、それを師匠は生きる力にしています。

自分の体につけられた点滴やら何やらの何本もの管を持って歩くのを
「ぽちを連れて歩いている」なんて言う。
病院生活も楽しんでいます。

その管も昨日全て抜けました!!!
退院間近です。

下界に戻ってきたら、またみんなで一緒に「成果」を創りますよ!
がんばりまっせ~~~。





・・・まさこ・・・
# by school3-7 | 2014-07-22 01:48 | ことば

今年もやります!

今年も「ユーガットメール」の季節が来ました。

今年は「坊ちゃんからの手紙」です!

みんな来てください!


d0092995_10184844.jpg

# by school3-7 | 2014-07-07 01:16 | 日記

師匠

師匠の手術が成功した。

よかった。

これから、手術後の回復のために頑張ってください!


・・・まさこ・・・
# by school3-7 | 2014-06-30 23:15 | 日記

思うこと

教員になって、うん十年。

もういい年です。

なのに、修行が足りないなぁ。

圧倒的に「ビジョン」に負けてます。

・・・まさこ・・・
# by school3-7 | 2014-06-29 11:38 | 日記

つぶやき

試験問題つくらなきゃ。

本文のコピーはした。

・・・まさこ・・・
# by school3-7 | 2014-06-26 10:19 | 日記

しなきゃ

期末試験問題作らなきゃ


まさこ
# by school3-7 | 2014-06-25 00:30 | 日記

犬の心臓




この日曜日、友達と「犬の心臓」という芝居を観てきました。 d0092995_1184530.jpg
本格的舞台を観るのはとても久しぶりでした。
また、ロシヤ演劇、ということで初めての体験でもありました。

街をさまよう野良犬を助けた教授が、事故で亡くなった人間の脳下垂体と睾丸をその犬に移植します。
すると・・・。その犬が日に日に人間になっていく・・・。

この犬を演じたのが「吉野悠我」さん。
なんとも、絶妙な「犬」のような人間?人間のような犬?
ご自身もこの役はライフワークになりそうです、とおっしゃったそうです。
そのくらいの演技ぶりで楽しませてくれました。

この芝居、実は「父と子」のお話、というのを感じます。
できの悪い子をやっかい払いしたい「父」と反発はしても家にいようとする「子」である犬。
本当は子に改心してもらい一緒に住みたい、と思っている父。

自分の立場ばかり主張して、自分をやっかい払いしようとする父や周囲の人間に
「おまえら犬以下だ」犬が叫ぶ台詞は、痛烈でしたね。

とにもかくにも、こんなきっちりとしたいい芝居を観たのはひさしぶりでした。
とても良かったです。

高校生が2000円で観られる、というのも制作の方達の気持ちを感じます。
若い人たちにもたくさんきたほしいという気持ちを感じました。
再演が決まったとのこと。次はもっと大きな劇場で是非。


・・・まさこ・・・
# by school3-7 | 2014-04-30 01:06 | 日記